バレンタインはこれを知っておく

バレンタインの由来や歴史などを紹介します

歴史から見えるバレンタインプレゼントの変化

日本独自の文化?その起源や由来など

一般的にはチョコレートを女性から男性にプレゼントする事が知られているバレンタインデーですが、その起源は古代ローマ時代までさかのぼる事となります。若者の結婚を禁止している現状をあわれみたキリスト教のバレンタイン司祭が、勝手に若者たちの結婚式をおこなっていたのです。これに憤慨した皇帝はバレンタインを処刑してしまいます。この日が神々の女王のルーノーの祝日である2月14日でした。このことをきっかけにして、若者たちの愛を応援していたバレンタイン教司祭にちなんで広まったのがバレンタインデーとされています。世界的には恋人や家族など大切な人に感謝の気持ちを示す日として、花束やメッセージカードなどを贈る習慣が多数です。バレンタインデーに男性にチョコレートを贈るというのは日本の独特のスタイルだと言えます。

日本でチョコレートを贈るようになったのはなぜ?

日本でのバレンタインデーになぜチョコレートを贈る事が定着してきたのかは諸説ありますが、1958年頃にデパートでの催事イベントで、チョコを扱う製菓会社がキャンペーンとして「バレンタインにはチョコを贈りましょう」という事を挙げて販売を促進したのが始まりとされています。その後に徐々に定着していき、最初は妻が旦那に感謝の気持として贈るといったような位置付けでの時期がありました。そして女性が片思いの男性にチョコレートを贈るという習慣は、学生を中心に広まっていった文化であるともされています。企業主体で始まった試みですが、意外にも現在のスタイルとして定着させたのは学生などの一般層であるのは意外な側面とも言えますね。

アクセサリーを贈って印象的にするのがおすすめ

1980年代以降は完全にバレンタインデーの文化が根付き、そのスタイルも変化していくようになりました。会社の男性社員などに配る義理チョコなども増えていきましたが、近年はなるべく実施しないというような傾向も増えていますね。その後も細分化して自分自信にご褒美的に買うチョコや、男性から女性に贈る逆チョコのようなパターンも出現しています。女性から男性にプレゼントするという部分で、チョコレートに他の何かを添えて付加価値や個性を出して印象度を高めるという事も流行しています。例としてチョコにプラスしてアクセサリーをプレゼントする事が人気となっています。男性のアクセサリー愛好者も多くいて、ネックレスやシルバーアクセサリーなどの人気は高まっています。チョコにアクセサリーをプラスして贈る事で個性を表現できて、女性の想いも伝わるのではないでしょうか。彼氏やパートナーの方に贈る際にはおそろいのペアで揃える事もできますので、選ぶ楽しさがアップしますね。現代のバレンタインデーではチョコレートに何かを足してプレゼントする事が主流となっているようで、中でもおすすめしたいのがアクセサリーを贈る事です。

人気記事ランキング